GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

フリーランスにおすすめの会計ソフト比較 | 初めての確定申告の味方

フリーランスの強敵といってもいい経理と確定申告。この記事に辿り着いたあなたはまさに経理あるいは確定申告に困っていませんか?

もしかしたら、フリーランスになりたてて経理・確定申告をどうしたらいいか分からないと考えている人も見て下さっているかもしれません。

ちなみに独自にアンケートを取ったところ、ほとんどの方が、会計ソフトを活用していることが判明しました。(みなさん経理は会計ソフトに頼っているんですね)

フリーランスになると一番困る・大変なのは、経理・確定申告周りだと皆さん口を揃えて言うのですが、その原因は「会計」の「か」の字も、「簿記」の「ぼ」の字も触った事がないからなんですよね。かくいう筆者もそうでした。簿記に触れてきた人であれば困る事はないでしょうけど、私のようにフリーランスデビューして会計や簿記に初めて触るなんていう人からするとアレルギー反応すらでそうでした…笑

フリーランスって営業も案件をこなす時間も会計などの雑務も全部こなさなきゃいけないので、経理・確定申告にかける時間なんて本当にない、だからこそできるだけなるべく時間をかけずに済ませたい。

そこで、そんな初めての私も含めて多くのフリーランス初心者が経理・確定申告周りを簡単に、時間をかけずに済ませる強い味方…それが「会計ソフト」です!

会計ソフトって何?なんで使うの?

なんで会計ソフトを使う必要があるの?と思うかもしれませんが、フリーランスの多くは税金の課税額が少なくなる青色申告という確定申告手段を使って申告しています。

その青色申告をする為には、ボールペン代であれば「消耗品費」というように、使った経費を何かのカテゴリーに入れる為の「仕分け」をし勘定科目と呼ばれるカテゴリー分けをしていくわけです。

そのカテゴリー分けが会計ソフトを使えば、とても楽々にできるようになります。

カテゴリー分けをした後、ボタンを押すだけで確定申告に使う為の計算結果がでてきます。

これを自分でノートでやろうとすると想像を絶します…笑
時間がないフリーランスはここに時間を使うべきではありません。会計に触れていなければ、自分で紙でなんて、まずやるべきではないでしょう。

売上が伸びてきて、税理士に相談するなんて時も会計ソフトを使って税理士の先生にデータを送ったりするので、早いうちに会計ソフトを使っておく事がいいんです。

どんな会計ソフトが良い会計ソフトなの?

ではどんな会計ソフトを使ったらいいのか。それはクラウド会計と呼ばれるソフトが一番いいです。みなさんも最近ニュースなどで「クラウド」なんていう言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

データをオンラインで管理できるのでパソコンが変わってもスマホが変わっても一貫して使えるだけでなく、低コスパなんですよね。

しかもネット銀行やクレジットカードと連携がとてもしやすいんです。

ですから、クラウド会計ソフトという選択になるのですが、これが如何せん数がとても多いんです、みてくださいこれだけあるんです…笑

しかしながら、これだけあっても使われているクラウド会計ソフトは3社に集約されます。

MM総研が2020年4月末時点で調査したクラウド会計ソフトの事業別シェアをみると、「freee」「マネーフォワード」「弥生」の3社でほとんど独占している状態です。特に「弥生」はマーケットシェアが5割以上の状態。

じゃあ「弥生会計クラウド」が一番いいの?と思うかもしれませんが、この図はあくまでフリーランス以外の法人などの回答も入っているので、フリーランスにあったクラウド会計ソフトを選ぶ必要があります。

そこでその3社をフリーランスの観点で比較し、ランキング化しました。

フリーランスにオススメ!クラウド会計ソフト比較3選


クラウド会計ソフトを料金、使いやすさ、機能の充実性、外部サービスの連携性、サポートの充実度の5項目で評価した結果、フリーランスにおすすめなクラウド会計ソフト第1位に輝いたのが「freee」、次に「マネーフォワード」、「弥生会計クラウド」となっています!

freeeはフリーランスの方が開業したり、その他書類を作成する上で役立つ機能やサポートが充実している他、全く会計ソフトを触った事のないフリーランスでも使いやすいと評判です!

一方で弥生会計はその料金の安さが魅力があるなど、それぞれの会計ソフトに魅力的な機能やメリット・デメリットがある為、以下では個別のクラウド会計ソフトについて迫っていきます。

フリーランスにおすすめクラウド会計ソフト第1位「freee」


フリーランスに圧倒的な支持を持つ会計クラウドが「freee」。絶賛されている便利な機能が3つあります。

freee便利機能① レシート写真の読み取り機能
freee便利機能② 請求・見積もり・発注作業もできる
freee便利機能③ 会計初心者に安心な○×チェック機能

freee便利機能① レシート写真の読み取り機能

これはもうめんどくさがり屋には朗報中の朗報な機能です。会計ソフトがいくら便利でも入力する作業がめんどくさいと中々億劫になりますが、それがスマホでレシートの写真を読み取るだけで入力してくれたらどうでしょう?忙しかったりする人やめんどくさがり屋にはものすごくありがたい機能です!クラウド会計ソフトはスマホからもPCからも利用できるからこその機能なんです。

freee便利機能② 請求・見積もり・発注作業もできる

請求書、見積書、発注の作成や修正などって大変だったりしますよね。捺印しなければならなかったり。でもこのクラウド会計ソフト上で全て作成ができちゃうんです!これ一つでラクラク簡単♪

freee便利機能③ 会計初心者に安心な○×チェック機能

会計初心者に嬉しいのが○×チェック機能。これで抜け漏れがなく経理業務、確定申告業務ができます。いくらソフトがあっても、何が足りないのか、何をしたらいいのかわからないと不安になりますよね。でもそんな不安をこの○×チェック機能が解消してくれます!

しかもクラウド会計以外にもfreeeは非常に魅力的です。
フリーランス開業時に利用できる開業届作成サービス、freeeが運営するクレジットカードなど、フリーランスのあらゆるバックオフィス業務をサポートしてくれます。

今後もfreeeはこういったサービスを提供してくれるという期待感もfreeeをオススメする理由の一つです。

料金プランは3つあるのですが、レシート写真の読み取りなどの機能がついているスタンダードプランをオススメします!まずはスタンダードに加入するだけで十分な機能がついてきますので安心です♪

無料で始められるので、まずは無料トライアルからスタートしましょう!

freeeをまずは無料体験してみる

フリーランスにおすすめクラウド会計ソフト第2位「マネーフォワード」

freeeに次ぎ、フリーランスに人気のあるクラウド会計ソフト「マネーフォワード」。その便利な機能や人気の理由はどんなところにあるのでしょうか?

マネーフォワード便利機能① スマホで確定申告の作成から提出まで
マネーフォワード便利機能② 家計簿アプリとの連携

マネーフォワード便利機能① スマホで確定申告の作成から提出まで

マネーフォワードの特徴はマイナンバーカードとICカード読み取り対応のスマートフォンであればスマホで確定申告の作成から提出までできる点です。PCよりもスマホで作成する方が良いという事であればマネーフォワードも非常に使いやすいソフトとなります。

マネーフォワード便利機能② 家計簿アプリとの連携

マネーフォワードは外部連携性に非常に優れています。銀行口座やクレジットカードの連携はもちろんですが、マネーフォワードが提供している家計簿アプリとの連携もでき、この家計簿アプリで入力したデータを確定申告でも使う事もできます。日常の家計簿は家計簿で管理して、月末や期末にはマネーフォワードの確定申告ソフトを使って会計処理という使い分けも可能です。

マネーフォワードもfreeeと並ぶフリーランスに人気のクラウド会計ソフトです。使いやすさなどはfreeeを評価しましたが、マネーフォワードが使いやすいという方はマネーフォワードでも十分確定申告に対応する事ができます。

どちらも無料トライアルを体験する事ができるので、まずは無料トライアルから入っていみましょう!

マネーフォワードをまずは無料体験してみる

フリーランスにおすすめクラウド会計ソフト第3位「弥生会計」

freee、マネーフォワードと比べて会計ソフトの提供する企業としては比較的古参の部類に入る「弥生会計」。

5割以上ものシェアを誇る背景には元々会計ソフトを提供していた企業である事や、元の企業や税理士が引き続き新規顧客に弥生会計を推奨するなども環境もあり、強固な市場シェアを築いています。

弥生会計便利機能① 士業の連携のしやすさ
弥生会計便利機能② 集計機能が充実

弥生会計便利機能① 士業の連携のしやすさ

多くの会計事務所・税理士事務所が弥生会計を導入しているので、税務調査をはじめ何か相談したい事や困りごとが発生した時に税理士をはじめとした士業の方々にシェアする際には連携しやすいのが弥生会計の強みです。同じソフトを使っている事はお互いのコミュニケーションも円滑になります。

弥生会計便利機能② 集計機能が充実

今いくらくらい売上があがっていて、利益はどれくらい出ているのか。フリーランスになるという事は一人会社をやっている事ですから、「自分=会社」の会計、経理状況の把握が必要ですよね。そんな時、普段からしっかりと帳簿をつけておくことで経理状況がタイムリーに把握できます。

弥生会計も最大2ヶ月の無料体験版もあるので、一度登録して使ってみる事をおすすめします!圧倒的シェアを誇るので、人気の理由を体験してみるのもいいかもしれませんね!

弥生会計をまずは無料体験してみる

以上、クラウド会計ソフトの比較やおすすめ機能についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

フリーランスのみなさん、ぜひ自分にあった会計ソフトを見つけてくださいね!

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ