GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

フリーランス向け
タスク管理ツール

ギグワークという働き方のメリット・デメリット

本業の隙間時間やちょっとしたお小遣い稼ぎやアルバイトとして行うフリーランス業務を開設します。今回はギグワークについてご紹介します。最近はUber Eatsなどをはじめとして、隙間時間にちょこっとアルバイトをするギグワークが少しずつ広がってきました。ギグワークという働き方や、ギグワークのメリット・デメリットについて今回は迫っていきます。

ギグワークとは?

ギグワークという言葉の由来は一度だけの演奏や短いセッションを指す言葉「Gig」と「Work」の掛け合わせた言葉で、数時間など短い時間だけ働き、継続した雇用関係のない働き方のことを言います。1日単位の単発バイトよりも数時間単位、短いものでは30分や1時間などのちょっとした時間の働き方です。

ギグワーク=副収入の手段

多くの人がこのギグワークを副収入を得る手段としています。もちろん、効率のいいやり方を極めてそれをメインの収入源とする人も一定数いますが、ギグワークプラットフォームの多くは隙間利用がメインです。会社員の土日休みの時間や、掛け持ちアルバイトの隙間時間などで取り組まれる方が多いですし、急に会社を辞めざるを得なくなったり、コロナ禍で休業を余儀なくされたりなど急激な雇用環境の変化などでも利用されています。

ギグワークのメリット・デメリット

ギグワークのメリットは隙間時間の活用や、スキルを要求されないので気軽にできる事、単発の為に人間関係に悩まされない事などがあります。一方でデメリットは誰でもできる仕事ですから、単価が安い仕事が多く収入が安定しないという事があります。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ