GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

日本初駅のホームにシェアオフィスを設置、国分寺駅と三鷹駅に | JR東日本が運営するシェアオフィス「STATION WORK」の新拠点

JR東日本は、日本初の試みとなる駅のホーム上にシェアオフィスを開発すると18日発表しました。同社が展開する駅ナカ拠点のシェアオフィスサービス「STATION WORK」の事業の新拠点として設置され、設置場所は西国分寺駅の中央線件ホームと、三鷹駅の中央線上りと下りホームの3カ所。開業日は西国分寺駅が2月25日、三鷹が3月25日を予定しています。

それぞれ完全個室と半個室のシートが用意されており、完全個室に入れば安心してWEB会議なども行うことができます。利用にはシェアオフィスサービス「STATION WORK」の個人・法人会員である事が必要で、料金は15分につき250円の設定。今後も積極的に拠点を増やすSTATION WORKの方針を考えれば、さらにホームのシェアオフィス設置が進み、緊急の対応が必要な際にはすぐに利用できるビジネスマンの助っ人となる事が期待されます。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ