GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

これさえあればOK!フリーランスにおすすめのWebサービス全まとめ

フリーランスを支えるおすすめのWebサービス21選!

今回はフリーランスとして活動する上で便利なWebサービスをご紹介します。フリーランスは極力固定費を抑えながら仕事の生産性を上げるためのサービスを使いこなせるかどうかというのが大事な観点になってきます。今回ご紹介するサービスはごく一部ですが、みなさんは導入していますか?

便利サービス① クラウドストレージサービス

クラウドストレージサービスは重宝すべきサービスです。自分が保存する事はもちろん、フリーランスになると相手にファイルを共有したりする場合も多く、DropboxGoogle Driveで保存しておくとすぐに共有できたりする事が可能です。また、バックアップとしても優秀です。PCやハードディスクのローカル上に保存すると、その機器が壊れたりした時にファイルが取り出せなくなるリスクがあります。しかし、クラウドサービスであればその心配はありません。最初は一定容量を無料で使えるので、何かしらのクラウドサービスは導入しておきましょう。

便利サービス② クラウド会計

クラウド会計もオススメです。最近は会計事務所や税理士事務所などと契約していても、「このサービスを使ってください」と指定されるもので、クラウド会計が推奨されるケースが増えてきました。これもローカルではなく、クラウドで保存するので、会計事務所とのデータのやりとりが非常に便利であるだけでなく、レシートを撮影すると自動で反映するなどの便利な機能がある他、様々なサービスと連携することができるので、まだ会計ソフトを導入していない人や既に何らかの会計ソフトを導入していてもクラウド会計への切り替えを推奨します。

便利サービス③ クラウド見積書、請求書サービス

見積書納品書請求書などをクラウドで作成できるサービスなどが最近は増えてきました。エクセルをわざわざ叩かなくてもクラウドソフト上で入力するだけで簡単に請求書や納品書、見積書などを作成し、データ化する事ができます。

便利サービス④ ビジネスコミュニケーションツール

外部とのやりとりの連絡でメールを使う事はもちろんですが、最近はビジネスコミュニケーションツールを使う場面が増えてきました。LINEでビジネスのやりとりをする事もありますが、基本的にはChatworkSlackなどを用いて連絡する事が多いです。取引先との連絡で指定される事も珍しくなく、上記の図にあるようなツールの無料アカウントは登録しておきましょう。

便利サービス⑤ ビデオ会議ツール

以前からもビジネス上で使われていましたが、新型コロナウイルス感染拡大懸念からテレワークの拡大によりビデオ会議ツールの需要が一気に高まりました。今ではミーティングはごく自然にテレビ会議上で行われています。よく使われるのがZoomである他、Google MeetChatworkのビデオ会議機能、Slackのビデオ会議機能などです。このあたりも、よく使われる為、アカウントは抑えておきましょう。また自分が営業や案件の進捗報告などをスムーズにできるようにスライドの共有くらいは練習して慣れておきましょう。

便利サービス⑥ 電子契約書・契約サービス

最近では脱ハンコの流れから、契約書もウェブの書面で行われる事も珍しくなくなってきました。こちらに関してはアカウントを作るだけでも有料課金が発生するサービスもあるため取引先が指定してきたものを使うという流れで良いでしょう。地方に住んでいるフリーランスの方は郵送や直接出向く事は時間や費用などがかさんでしまうという場合が多いため、電子契約に慣れ、相手にも電子契約でいいか確認して電子契約にすることで楽に契約ができます。

便利サービス⑦ カレンダーサービス

スケジュールを紙で管理している人もいらっしゃると思いますが、ウェブ上で管理した法が楽です。特にGoogleカレンダーなどは企業でも利用されており、クライアントが使っている場合も多く、ミーティングの予定を簡単に共有したりする事ができます。また、GoogleカレンダーであればそのままGoogle MeetのURLも連携が簡単な他、別ウェブサービスのカレンダーとの同期もスムーズにしやすいです。

便利サービス⑧ タスク管理ツール

カレンダーサービスとは別にTo do管理などのタスク管理ツールも生産性を上げることに繋がります。代表的なツールはasanaTrelloなどが挙げられますが、弊社が運用しているGENSEKIではフリーランスの事務処理なども盛り込んでいます。ぜひ使ってみてください。

便利サービス⑨ ポートフォリオサービス

フリーランスで活動する際に必須と言ってもいいのがポートフォリオ。自分のスキルや経歴や強みなどを可視化して、相手に自分を売り込む為のツールです。代表的なものであればforiio(フォリオ)RESUME(レジュメ)などが人気であり、デザインやプログラミングの知識がなくても簡単にポートフォリオが作れます。

便利サービス10 オンラインホワイトボードサービス

みなさんの中に忘れないようにパソコン上に付箋を貼って終わったら捨てる人はいないですか?また、ブレインストーミングをする際や、何か企画を考える時に付箋を使ったりする人もいると思います。そういった付箋をペタペタはったり捨てたりするのをウェブサービスとして提供しているのがmiroなどのサービスです。誰かとアイデア出ししたりする時にも使えたりするので、ぜひ一度使ってみるのをオススメします。

便利サービス11 名刺管理サービス

名刺交換をしたあと、みなさん名刺をどのように管理していますか?ファイルにしていればいい方ですが、結局そのファイルもみない事なんてザラにあります。ただ、それをうまくデータ管理できたらどうでしょうか?そのように名刺管理をサポートしてくれるサービスがあります。名刺を写真に撮るだけでデータ化されたりするEightなどは非常に便利です。csvのデータをセールスフォースなどで連携できたり、ウェブマーケティングなどに応用できたりするので、データ化し管理しましょう。

便利サービス12 イラスト・写真素材ダウンロードサービス

これはウェブコンテンツを制作するフリーランスやビジネスマンに限定されますが、商用利用が可能な素材ダウンロードサービスの契約は非常に便利です。これは言うまでもありませんが、コピペが簡単にできるからといって他人が作った素材を勝手に使用する事はいけません。よく使われているサービスとしてはPIXTAshuttersotckAdobe Stockなどです。それぞれ特徴があるので、自分が作成するコンテンツのテイストに応じて使い分けてください。

便利サービス13 ファクタリングサービス

企業との案件のやりとりにおいて報酬が2ヶ月先になったりするケースは珍しくありません。大企業やそのグループ企業になれば「うちは基本2ヶ月先で…」と、翌月末で何とか請求できないか交渉しても断られたりします(もちろん承認してくれるところもありますが)。そんな時にフリーランスの味方になるのがファクタリングサービス。請求書などを提示する事で即日で支払ってくれるサービスがあります。手数料はとられるものの、急な出費が必要な場合には非常にありがたいサービスです。

便利サービス14 ウェブサイト制作サービス

簡単なポートフォリオサイトや、サービスサイトを制作したい場合、ウェブサイト制作サービスを使うと低コストで簡単にサイトを制作する事ができます。もちろん一部の表現はテクニックやスキルが必要ですが、シンプルなページであればあるほどウェブサイト制作サービスを使って制作する事ですぐに作ることができます。とはいえ、一番この図の中で簡単なペライチのサービスでEC展開をして数百万円利益をあげている会社もある為、安いから悪いというわけではありません。要は使い方の問題です。いろんなサイト運営者のサイトを参考にしてください。

便利サービス15 メンターサービス

受けた案件の課題を解決するのに、自分が知らないスキルが必要だけれど聞きたい人がいなかったりする時に便利なのがメンターサービスです。1時間1000円や数千円などでその道のプロからアドバイス、サポートを受ける事ができます

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ