GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスが合弁会社を設立 | 法人向けのサービス・ロボット分野の市場創造目指す

生活用品の企画、製造、販売を行うアイリスオーヤマとヒューマノイドロボット「Pepper」などを事業で行うソフトバンクロボティクスグループは合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」を2月1日に設立すると発表しました。新商品開発力やメーカーベンダー事業などに知見を持つアイリスオーヤマと、AIロボットOS分野の技術を持つソフトバンクロボティクスグループが提携することで法人向けのサービス・ロボット分野の市場を開拓する事が狙いと見られます。

出資比率はアイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスグループが49%となっており、代表取締役社長にはアイリスオーヤマの大山社長が就任。新会社の事業には清掃ロボットや配膳・運搬ロボットの他、法人向けサービス・ロボットの新商品開発が打ち出されています。2025年までに累計1000億円の事業規模を目指すとされており、新たな大企業同士の連合がどのような結果を生み出すのか、期待が集まります。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ