GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

Uber Eats、食品卸企業との提携を行いプロ向け卸売店舗からの食材デリバリーを開始

レストランなどをはじめとする飲食店の料理を届けてくれるUber Eatsが、今度は食材のデリバリーを開始するようです。Uber Eatsはホテルやレストランなどに食材を提供する食品卸永和物産と提携を行い、永和物産が運営する「プロの食材エブコ」で取り扱うプロ向け食材の家庭へのデリバリーを19日、東京都内で開始しました

取扱商品は急速冷凍された木いちごや赤スグリといった海外原産の果物のほか、クリスマス島の塩、南イタリア産のセミドライチェリートマトのオイル漬けなどから、業務用のペーパータオルなど100種類以上の品目となっています。このような一般の方が購入できないプロ向け卸売店舗からの直接販売はダークストアと呼ばれており、Uber Eatsとしてダークストアの取扱がこれが国内初との事。注文後すぐに届けてくれるUber Eatsのサービスは今後、食材だけでなく様々なものを運んでくれるのかもしれません。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ