GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

フリーランス向け
タスク管理ツール

【フリーランスの開業前】 必要な準備はこの6つだけ!

開業前の準備とは?

開業前の準備では、個人事業の開業を税務署に知らせる届出が必要です。国税庁のWebサイトには「事業を開始してから1月以内に提出してください」と記載されていますが、提出しなくても特に罰則等はありません。

準備①

個人事業の屋号を決めましょう。
法人の場合は必ず法人名を届け出ることになりますが、屋号の設定は義務ではありません。

準備②

白色申告か青色申告を選択しましょう。
何も申請しなければ自動的に白色申告の扱いになります。控除の額を考えると、フリーランスは開業届を出し青色申告65万円控除にするのがお得です。

準備③

クレジットカード作成の申し込みを行いましょう。
クレジットカードは何かあった時のために最低でも3枚は作っておくことがおすすめです。利用上限額は3枚合わせて100万円ほど確保しておきましょう。

準備④

働く場所を決めましょう。
月によって収入が変動する可能性が高いフリーランスにとって、固定費の負担は最大の死活問題です。そのため、自宅兼オフィスがおすすめです。

準備⑤

何を「事業」とするかを決めましょう。
報酬を得るためには誰かの問題を解決することが大前提です。事業のイメージが沸かない人は、実際にどんな仕事が受発注されているのか調査しましょう。

準備⑥

開業までにかかった費用の領収書は取っておきましょう。
開業にかかった費用は、開業後に経費として計上することができます。経費として計上すると、結果的に支払う税金の負担が減ることにつながります。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ