GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

【独自・特集】安倍首相の次の総理は誰?Starrt編集部が徹底分析!

28日、安倍晋三首相は辞任の意向を表明した。労いの声が多い中、早くも次の関心は「ポスト安倍」だ。現在有力筆頭として名前が上がっているのは、菅氏、岸田氏、石破氏の3名。Starrtでは独自に、「次の総理は誰か」の予想を行った結果、本命を「令和おじさん」として有名な菅氏、対抗岸田氏、大穴石破氏としている。自民党総裁選の形式としては、党員投票を含まない形式である国会議員と都道府県代表を主とする両院議員総会を想定。

鍵は何と言っても自民党の派閥勢力である。安倍首相属する細田派、二階派、麻生派、で国会議員の過半数を取れる事から安倍晋三首相、麻生副総理、二階幹事長の三人の意向でほとんど決まってもいいと言える。安倍首相は6月に二階氏に対し、「次が石破さんだけはないですよね」と確認したと田崎史郎氏はテレビ出演時に発言している事や、麻生首相時代において石破氏が「麻生降ろし」を行った事に対する事を麻生氏は忘れていない事から、石破氏は厳しい。ともすると、次の首相候補として確率が高いのは菅氏か岸田氏だといえる。

菅氏が擁立の動きに賛同するかどうか

二階氏と麻生氏とともに政権運営をしてきた菅氏を二人は擁立するという考えが現在マスコミを中心に多く語られるが、今回Starrt編集部でも同様に考える。今まで大参謀として安倍政権の裏方役に徹していた菅氏が、二階氏や麻生氏の要望に応えれば菅総理誕生に一気に突き進んでいく事が考えられる一方、首を縦に降らなければ、元々安倍首相の「次」として安倍首相に重用されてきた岸田氏が有力となってくるだろう。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ