GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

フリーランスのデメリット5選

一般的な会社員との違い

会社員は会社から雇用されているのに対して、たいていのフリーランスは誰からも雇用されていません。そのため図のように全て自分で手続き等の管理をしなければいけません。ちなみにフリーランスは契約や働き方のことを指し、税務上の所得区分では個人事業主と呼びます。

デメリット①収入面

基本的に受注した仕事の成果に対する報酬が収入になるため、仕事が途切れてしまうと収入が無くなることになります。仕事が途切れる要因として、図のような内的・外的要因が挙げられます。自分の努力で高収入が狙える半面、このようなリスクがあることも熟知しておきましょう。

デメリット②仕事面

図のように基本的に自分からアクションしない限り、仕事はきません。フリーランスになりたての人は、クライアントに提案できる実績がない場合が多いため、もとより信頼が構築されている元勤務先の同僚や上司、友人等から仕事の紹介をもらうことが多いようです。

デメリット③保険・年金面

フリーランスになると、厚生年金から国民年金に切り替わるため、もらえる年金が減ってしまいます。そのため多くの場合は、国民年金基金やiDeCoなどを上乗せすることで減ってしまう年金をカバーしています。さらに雇用保険がなくなるため、出産手当や育児休暇などの保障もなくなってしまいます。

デメリット④事務作業面

確定申告はもちろん、それに付随した事務作業も全て自分で行う必要があります。主な手続きや事務作業は図の通りです。特に確定申告では、税金や経費の計算が複雑なため、会計ソフトを活用するか、税理士に依頼することも検討しましょう。

デメリット⑤信用面

法人とは異なり、起業・開業に審査や届出をしなくても、誰でもフリーランス(個人事業主)を名乗ることができるため、会的信用が低くなります。さらに収入の不安定さも信用が低くなる要因です。

その他のデメリット

会社員のように縛られることがない一方で、保障面や人脈面などで様々な課題があります。自分で自由に決められるということは、全て自分一人で管理しなければいけないということを理解しておかなければいけません。

まとめ

フリーランスのデメリットは全て自分で対処する必要があることです。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ