GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

初心者必見!「フリーランス」の基礎知識を徹底解剖!

フリーランスとは?

フリーランスとは、会社や団体に属さず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。かつて中世ヨーロッパにおいて、契約で有力者に仕えた騎士をフリーランスと呼んだことからきているという説があります。フリーランスは、主にカメラマンやデザイナー、ライター、プログラマーなど、多彩な業種があり、どれも特殊なスキルを持って仕事をしています。

一般的な会社員との違い

会社員は会社から雇用されているのに対して、フリーランスは誰からも雇用されていません。そのため図のように全て自分で管理しなければいけません。ちなみにフリーランスは契約や働き方のことを指し、税務上の所得区分では個人事業主と呼びます。

日本のフリーランス人口

厚生労働省によると、日本は労働人口のうち、6人に1人がフリーランスとなっています。最近では、新型コロナウイルスの影響で会社からのリストラを恐れて、更なる収入口を確保するために収入があるうちに副業から始めておくといったように、フリーランスを生存戦略の位置付けで捉えている方が増えています。

フリーランスの代表的な業種

日本ではITエンジニアの割合が最も多くなっています。図のように会社員とは異なるスキルを持っていることがわかります。ITエンジニアが多い背景には、教育・支援サービスが増加していることが挙げられます。

『フリーランス』4つのタイプ

フリーランスといえど、図の4つのタイプに分かれます。①のフリーランスが1番多く、勤め先の会社などで雇用され、本業の収入を得ながら副業的に稼ぎます。③はあらゆる依頼事項が記載された契約(雇用契約ではない)を会社と交わし、毎月固定の報酬を得るフリーランスです。

まとめ

フリーランス=会社に属さず、仕事に応じて契約する人

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ