GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

社長の住む街ランキング第一位は「港区赤坂」、10人に1人が社長

企業の信用調査などを行う東京商工リサーチは、2020年の全国「社長の住む街」の調査結果を発表しました。第一位は「港区赤坂」で、社長比率が13.1%と住人の10人に1名が社長となっています。2位は「新宿区西新宿」で2,878人、3位は「港区六本木」と上位3位を港区が占めている他、トップ10でみてもそのうち7つを港区が独占と、港区の強さが際立っています。

引用:東京商工リサーチ
直近の傾向としては、職場と住居が近い「職住近接」がトレンドであり、都心部のタワーマンションなどに人気がありましたが、今回のコロナ禍がこのトレンドを変化させるかどうかといったトレンドの変化が不動産関係者では注目されていますが、一方で東京そのものが都市型商業施設や飲食店、繁華街の多さなど利便性が高いのも事実。今後も港区一強のトレンドは継続するのでしょうか、その変化に注目が集まります。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ