GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

どうしたら起業を実現できるか考えよう! | 起業家1年目-事業計画編-①

起業1年目、特にこれから起業しようとしている人向けにお届けする「起業家1年目-事業計画編-」の今回は記念すべき第一回目!今回は起業に向けた準備、特に事業計画の面について迫っていきます。起業をするという事はあなたはお金儲け、ビジネスをする事になります。どのようなビジネスをして、どういったお客さんからお金をいただくのか、相手ありきです。あなたのビジネスに需要がなければ成り立ちません。まずは起業する人のマインドや、どんなビジネスをしていくかのヒントや考え方についてみていきましょう。

なぜ起業をするのか


なぜあなたは起業をするのか、きっとそれは様々な理由からであり正解はありませんし、こういう理由でなければならない!なんて事もありません。「会社員である事に疲れた」、「起業に成功してお金持ちになりたい」、「色んな人に認められたい」など様々な背景がありますが恥ずかしい事ではありません。それこそが起業の原動力です。自分の内なる欲求を認めて、決意を固めましょう。一般的に起業をする人の年齢は30代から40代が多いですが、最近では低コストで起業できる為、20代での起業も珍しくなくなりました。

一体どんなビジネスをする?


なぜ起業をするのか、自問自答し、自分にはどんな事ができるのか客観的に自分を見つめましょう。スキルや自分の性格、何に向いているのか、無いものを欲するよりもまず自分の武器を見つけましょう。そして、自分を知る事ができたあとはビジネスのテーマをみつけましょう。そしてお客さんやユーザーはどんな課題があり、そのビジネスでどのように解決ができるのか考えましょう。そしてその解決方法には需要があるのか、価格感は見合っているのか考えていきましょう。

ビジネスを考えるヒント


どんなビジネスをするか決まれば、さらに深堀りしていきましょう。上記の項目はビジネスを考える上でのヒントを集約したものです。コスト構造や、優勢、集客経路など事業計画をさらにブラッシュアップさせるヒントになります。やってみないと分からない部分も多くありますが、それでもやはり計画をしっかり練っておく事で後々自分が大変な思いをしないように済む他、倒産という最悪のケースも避ける事ができます。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ