GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

霞ヶ関でパスワード付のzipファイルを廃止、17日の定例会見で平井相が明らかに

平井卓也デジタル改革担当相は、中央省庁の職員が文章などのデータをメールで送信する際に使うパスワード付きのzipファイルを廃止する方針であると17日の定例会見で明らかにしました。この取り組みは、政府の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」の意見を採用した形になります。まずは内閣府、内閣官房から取り組みを始めて、他の省庁については利用実態を調査する方針です。

河野太郎規制改革担当相と平井相の対話の場でも、平井氏は「全ての文書をzipファイル化するのは何でもはんこを押すのに似ている。そのやり方を今までやってきたからみんなやってたと思うし、メール内容をスマホで見れないのは致命的だ」としています。今後もアイデアボックスで支持の多いものはすぐに取り上げ対処していきたいともしており、今後さらに行政改革・デジタル化が進展するものと期待できそうです。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ