GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

トトロやラピュタ、ハウルの城も!? ジブリパークの完成イメージ新たに2エリア公開

愛知県はジブリパークに関連した愛・地球博記念公演の施設や周辺道路の整備について2021年度の実施計画を3日発表しました。今回の発表では、ジブリ映画であるハウルの動く城を再現した高さ16メートルの城や、レストラン、乗り物などを含む2つのエリアの完成イメージが併せて公開されており、既にジブリパークは2022年秋の開業に向けて工事が進められております。


ジブリパークについては「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」の5エリアが計画されており、トトロやラピュタといったジブリの人気作品の世界観が再現されるものとしています。2005年の愛知万博でパビリオンとなり、その後も公開されていた「サツキとメイの家」についても、ジブリパークの整備にあわせて2020年7月13日から休業されていますが、今年の4月下旬に営業再開予定となっています。新たな愛知の観光スポットとして、ジブリパークの完成に期待が集まります。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ