GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

フリーランス向け
タスク管理ツール

ウェブ業界に転身後わずか3年で独立、その後数年で法人化 | フリーランスインタビューNo.5 株式会社グリッジ代表取締役 清水 信行

名前:清水 信行さん(株式会社グリッジ 代表取締役)
年齢:32歳
職種:ウェブデザイナー
独立期間:約3年(内、フリーランス2年)

Q.簡単なご経歴などを含めて自己紹介をお願いします。

A.清水 信行(しみず のぶゆき)と申します。今三十二歳で、岡山在住です。出身も岡山ですね。現在はウェブ制作、ウェブコンサルティング会社の代表をしています。今までの経歴を簡単に紹介させていただきますと、大学が商学部で簿記だとかマーケティングを学んでいたという事もあり、キャリアのスタートは商工会でした。当時は中小企業、個人事業主の経営サポートなどをしていましたね。具体的にはクライアントの会計業務を記帳代行したり、労働保険や社会保険周りや補助金のサポートをしていました。そこからウェブ制作会社に転職して、3年ほど勤めた後に独立して、現在独立から3年目となっています。独立してからは2年間個人でフリーランスとして活動した後に、今年の1月から法人化して代表に就任しています。

Q.現在のお仕事内容についてより具体的に教えていただけないでしょうか

A.一言でいえばウェブデザイナーですね。制作から保守運用までまるっと幅広くやっています。前職のウェブ制作会社ではウェブコーダーからスタートして、デザインやSEO対策、ウェブ広告運用やディレクション業務まで一通り経験できたので、その経験を活かした形でお仕事を請けています。お仕事を請ける時も、全範囲請ける事が多いですね。最初は下請けの形でお仕事をいただく事が多かったのですが、現在では地元岡山の企業様の直請けで色々なお話をいただく事も増えてきています。

Q.商工会とウェブ制作会社って全然違う業界でしたが、業界チェンジをされた理由はあるんですか?

A.商工会にいた頃からスペシャリストというか、手に職をつけたいと思っていました。その為、税理士や公認会計士などになる事を検討していたのですが、商工会でウェブデザイナーの方に経営者、個人事業主の方向けに講座をしてもらった際に「これだったら自分でもやれるんじゃないか?」と思ったのがウェブ業界に入るきっかけでした。そのウェブデザイナーの方の講座ではフェイスブックを活かした集客の話やホームページを使った売上向上などをお話されていたのですが、これも経営支援になるんだなと大変興味深く感じたのを覚えています。会計士や税理士を目指してひたすら数字をみて勉強していた時期もありましたが、法律や税制に納得いかなくて嫌いになっていったんですよね(笑)。だったら法律の関係のない世界にいきたいなと思いました。当時、ウェブの業界に自由な空気を感じたので、自分の性格にもあっているし、どんどんと新しい技術をキャッチアップしていくのも魅力的に映りました。

Q.そこからウェブ制作会社に入社され、独立されましたが元々独立は考えていたのですか?

A.そうですね、ウェブ制作会社に入る時から3年たったら独立しようとは考えていました。商工会に入社する時も3年で身につけるものを身につけて転職しようとは思っていましたし、制作会社に入社する時も3年でここで得られるものは全て得られるようめちゃめちゃ頑張ろうという気持ちでした。

Q.制作会社に入社して独立に踏み切るきっかけはあったのですか?

A.きっかけは消極的な理由でしたね。会社の業務も増え、辞める当時は自分の体力的に限界を迎えつつありました。クライアントも5社から10社ほど抱えているほか、部下も5,6人いて、嬉しい事かもしれないのですがとても忙しかったですね。帰宅時間が22時から24時という生活を長い続けていたので、これは休まないとなと感じ、制作会社を入社して3年経ったあたりで退職しました。退職後は休むためにタイに行ったのですが、あっちは生活費や税金もとても安くて、10万くらいで楽しく暮らせましたね。ゲストハウスで4〜5人の部屋で1泊1000円で滞在できたり、1食100円〜200円くらいで定食も食べれたのでとてもコストパフォーマンスはよかったです。ベトナムにふらっと遊びにいっても、1万円,2万円くらいでしたし。タイにいる間も軽く仕事を請け負っていたのですが、日本人とのコミュニケーションが圧倒的に減って、段々と隔離されている感がでてきたのと本格的に受注が増えてきたのもあり、半年くらいで帰国しました。そこからそのままフリーランスとして仕事しています。

タイのお店の写真
 

Q.法人化に至った理由は?

A.順調に仕事が増えてきて、関わってるお客さんも増えている状況でリソース的に人を増やしたいというのと、新規で取引を開始する時に信頼性を担保したいという理由から法人化に至りました。元々独立当初から繋がりが強かった会社さんたちからは、「やっと覚悟を決めたな」なんて言われましたね(笑)。フリーランスの場合、辞めてしまわれる方も中にはいたので本気度を伝えるという意味においては非常に良かったようです。今喫緊の課題であるリソース不足については、アルバイトの雇用や業務委託、パートナーとの連携をさらに濃くしていくなどを検討していたりはします。嬉しい悲鳴ですが、仕事が増えてきているので、このリソース不足の解消には真剣に向き合っているタイミングです。

Q.ウェブ制作会社に入社する前からスキルを身につける為の勉強などはしていましたか?

A.商工会の仕事が終わるのが18時、19時くらいだったので、そこから帰って勉強してましたね。1日2〜3時間ほど勉強するのを1年ほど続けたあと、ポートフォリオを仮で作ってそれをもとに転職活動をしてウェブ制作会社に入社しました。

Q.仕事の獲得はどのような方法でされているのですか?

A.基本は知り合いベースですね。知り合いから「ホームページ作りたい人がいるんだけど」って言われて紹介してもらうような流れが多いですね。私個人のページも開業時に作ったものですし、SNSや何かサービスを使ったりなどはないですね。営業も特にしていません。おかげさまで仕事に恵まれているので、暇になればあれやりたいこれやりたいなんて考えているくらいですね。仕事をご紹介いただく事が多いのは、「自分はこういう事ができます!」という説明をシンプルにできているからだと思っています。独立当初に、10ページから15ページくらいの料金表を含んだ資料を作成して、明確にかかる日数と料金を提示するようにしたので、それだけで話が弾むことができましたね。デザイナーさんやコーダーさんは自分の値付けが不得意な方が多いように思います。お客さんに時間工数で見積もるといっても、でもお客さんからしたらそれが妥当かどうかなんてわからないんですよね。最近でも知り合いのデザイナーさんが値付けに困って断ろうとしていた案件を私が間に入ることで、うまく仕事が進んだだけでなく、デザイナーさんが当初出そうと検討していた単価の10倍(この価格が元から妥当な価格)くらいでお仕事を進める事ができました。こんな感じで調整役で入る事も最近は多いですね。

Q.独立して一番失敗した事ってありますか?

A.ブログのリニューアル案件だったのですが、元あったデータに上書きをしてしまって、お客さんのデータを消してしまったことですね。。お客さんにすぐに謝ったのですが、とにかく元に戻してほしいという事だったので、ひたすら解決法を模索したり、検索したりしました。結局キャッシュが残っていたのでそれを全部手作業で移設して乗り越えられましたが….このお客さんは私が独立して最初のお客さんだったので、なんとかリカバリーできてよかったと本当に思っています。それ以降はバックアップのルールを厳格に決め、システムも導入し、事故のないようにつとめています。

タイにいた際に仕事で使っていたワーキングスペース
 

Q.仕事場所はどう確保されていますか?

A.私の場合基本的に自宅ですね。9割自宅で作業していますが、お客さんとの会議や法人登記の場所としてコワーキングスペースを借りています。岡山ということもあって大変割安で利用できて、月1万くらいで使わせていただいています。これも地方ならではのメリットですね。

Q.おすすめの業務効率ツールなどはありますか?

A.色んなアプリを一元化管理できる「Biscuit(ビスケット)」というツールがオススメです。私の場合チャットワークやその他の様々なアプリをブラウザで使っているので、Google Chromeのタブがたくさん開いているみたいな状態になりがちなんです。でもBiscuitを使えば、タブ一つで済みますし、管理もしやすくなるのでオススメです。あとカレンダーアプリでいえば、「Fantastical」というアプリを使っていますね。Googleカレンダーを同期しているのですが、クライアントとのスケジュール管理やタスク管理に非常に便利です。かなり細かいタスクは「Trello」を使いながらうまくタスク管理しています。

Q.将来どのように成長されていきたいと考えていますか?

A.岡山エリアでウェブ制作会社で1位になりたいですね、SEOでも1位とれるようにしたいです。作れるだけの会社は今の時代たくさんあるので、お客さんにコミットして、もっとより良い方法、お客さんの為になる方法を提案していきたいですね。集客支援もまるっとコンサルティング、アドバイスなどできたらいいなと思っています。自分自身が手を動かす制作のフェーズはどこかで降りないと回らなくなってきているので、自社人材の育成もできたらいいですね。将来的に自社サービス、自社ECの展開も検討していきたいと思っています。

清水さんの制作実績

日本料理屋 / 喰切八方様

不動産コンサルタント / キータウン様

カフェ・レストラン / ゴールデンチャイルドカフェ様

清水さんへのお仕事依頼・連絡先


メールアドレス:info@gridge.jp
会社URL:https://gridge.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/nob0709

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ