GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

Tiktokの次にショート動画アプリ市場を制するアプリは!?アメリカでの利用禁止が迫る

トランプ大統領が発した大統領令によって今、TikTokのアメリカ事業がサービスの利用停止に追い込まれる見込みです。買収交渉が始まっていると報道が飛び交っていますが、中国がそれに対して横槍を入れる形で中国政府が28日にハイテク技術の海外移転に関する規制を強化すると発表しました。これによって売却交渉がさらに一層困難になっています。

日本にも影響が

トランプ大統領は8月14日に90日以内に売却されない場合は、TikTokのアメリカ事業のサービス停止を行うと発表していますが、中国の規制によって本当に90日以内に売却交渉がまとまるのか関心が集まっています。さらに、アメリカでの動きは日本にも影響を与え始めています。埼玉県や神戸市などの自治体が利用停止・休止をはじめている他、TikTokのサービス利用を規制すべしという声が日本の政治家からもあがっているようです。

次のTikTokは!?

ユーザーである中高生などの女子からは「TikTokがないなんて考えられない…!!」という声もあがっているそうですが、市場関係者の中ではTikTokの次にショート動画アプリ市場で次に覇権を握るアプリはどれになるかといった予想がされ始めているようです。直近ではInstagramがTikTokと似た機能が実装されたほか、Snapchatのストーリーズも話題にあがっています。YouTubeもショート動画アプリを開発しているのではないかといった憶測も飛び交っています。TikTokのサービス利用停止といった事態が起こるのか、その前後でのショート動画市場の動向にも注目ですね。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ