GENSEKIGENSEKI

フリーランスを応援する
図解情報メディア

クリエイターだけの
案件募集サービス

フリーランス必見!売上アップのポイントと考え方

これからフリーランスになりたいと考えていたり、フリーランスの働き方やそもそもフリーランスはどんな人たちなのかといった方に向けてフリーランスの魅力について解説します。今回はフリーランスの方が売上をアップさせる為の考え方やポイントについてお伝えしていきます。今回お届けする内容はフリーランスとして活動し始めて、軌道に乗り始めたタイミングで読むと一番効果的な対策法です。

自分がやらなくていい事は外注

ある程度案件数も増えてきて、軌道に乗り始めると忙しくて時間はかなり奪われるけども売上が思った以上にあがっていないというジレンマに陥る事があります。そこからよりアップさせていこうと思ったらら、スケジュールやタスクをまず洗い出してください。特にタスクを細分化させ、自分がやらなくていい事や外出しできる事は外注するようにしましょう。ちょっとした経費をケチって会計記帳代行のサービスを受けないよりも、外注してその空いた時間により仕事をさばけるように時間を増やしていきましょう。

案件単価を上げる

軌道に乗ってきたら次は自分が受けている案件の単価の把握です。その中で一番低い単価の案件に関しては単価交渉をしたり、割りに合わなければ断るのも大事な事です。もちろん、今後の取引を考えて継続する事も大事ですが、中には足元見ている方もいます。そういう案件は交渉するか、交渉できないのであれば断る勇気を持ちましょう。

案件数を増やす

スケジュールを徹底的に管理して生産性を上げて、単価を上げて、そこでようやく案件数を増やすという事に踏み切れます。むしろ上記2点をやらずに数を増やすのは忙しいだけでお金が入らない、言葉が悪いですが「貧乏暇なし」といった諺のような状態に陥ってしまいかねません。もちろん単価は今までの案件単価よりもいい条件で引き出すべきですが、実績を客観的に俯瞰してください。自分の実力で受けられそうな最大の単価の案件をできるだけ増やしながら、スキルアップをしてさらに単価と案件数を増やして売上と収入をあげていきましょう。

編集部のおすすめ

新着コラム

新着ニュース

ページトップ